読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought in the brains of iron scrap

技術のこと以外を書くブログ

緊縛歌モノテクノ

制約が表現を加速させる云々のことを考えながら、perfumeの曲なり、鈴木亜美の「FREE FREE / SUPER MUSIC MAKER」を聴いていた。


アイドルなり歌い手として表現する領域がガチガチに制約された楽曲の中で、受け手が何かしらのアイドルなり歌い手の固有性を(たとえ妄想だとしても)見出すところに変態としての面白みがあるかもと思った。


チラリズムの変質とか言ってみる。


ここらへんは音声合成には難しい領域だろうし、VOCALOIDを使った楽曲は人間ボイスにはできないことをやってのけてるものがたくさんでるといいな。


あと、歌モノトラック創作の敷居が下がるという点ではVOCALOIDはすばらしいと思ってます。

広告を非表示にする