読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought in the brains of iron scrap

技術のこと以外を書くブログ

findの多段include

のところで詰まったので、ぐぐった。
ら、あった。

> この件、誰も回答しないようなので。
> :includeは、配列やハッシュのリテラルを使って
> いくらでもネストすることができます。
>
> 今回の例だと以下のような記述になるかと思いますが、
> books = Book.find(:all, :include => [:authors => :author_groups])
>
> 更に、例えば AuthorGroupから他テーブル AuthorGroupTypeに結合する場合は
> 最近話題のハッシュを使って、以下のように書けるはずです。

> :author_group_type}])
>
> そういえばこのあたりの機能ってあまりドキュメント等を
> 見かけないですね。
> 軽くぐぐってみたらこんな感じのサイトが出てきました。
>
> The beauty of a nested ':include' option
> http://snippets.dzone.com/posts/show/2089
>
> それから、手元の舞波本だと104ページあたりに
> 「:includeの入れ子」というバッチリな章がありました。
> さすがですね。

rails:2337
http://www.fdiary.net/ml/rails/msg/2337

舞波本、持ってるのに気づかなかった……

Ruby on Rails入門―優しいRailsの育て方

Ruby on Rails入門―優しいRailsの育て方

広告を非表示にする