読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Thought in the brains of iron scrap

技術のこと以外を書くブログ

第二回チキチキ 日本ペアプログラミングの会java-ja支部会(仮)


第十五回 - java-ja(ββ)
http://java-ja.yoshiori.org/index.php?%E7%AC%AC%E5%8D%81%E4%BA%94%E5%9B%9E

僕の感想より、わかりやすくてためになる先行エントリ


第二回チキチキ 日本ペアプログラミングの会java-ja支部会(仮)- 不悔必省
http://d.hatena.ne.jp/travelershouse/20090606/1244313586


第二回チキチキ 日本ペアプログラミングの会java-ja支部会(仮) - 文殊堂
http://d.hatena.ne.jp/monjudoh/20090606/1244263737


第15回 java-ja (第2回 TDD) に行ってきた - onkはギリギリ霊長類
http://onk.blog.drecom.jp/archive/163


第二回チキチキ 日本ペアプログラミングの会java-ja支部会(仮)にて TDD の講演をさせていただきました
http://d.hatena.ne.jp/t-wada/20090606/p1


java-jaでTDDでペアプロUst中継をしました
http://blogs.wankuma.com/nagise/archive/2009/06/08/174448.aspx


第二回チキチキ 日本ペアプログラミングの会java-ja支部会(仮)- すぎゃーんメモ
http://d.hatena.ne.jp/sugyan/20090606/1244265691


TDD講演

  • ベースはslideshareなどで見た資料ではあるけど、講師による説明があると当然ながら違うな−と思った。大変よかった
  • 聞いていると平易に感じるけど、内容はとても濃いと改めて思った
  • SBRは必読書
  • 印象に残ったのはソフトウェアや機能、ライブラリの動作を理解するためのキャラクタライゼーションテストについての言及
  • irctwitter上で、感想や感想に対してのレスが飛んでいるのはよいっすね
  • ゆれた

id:travelershouseさんとペアプロ

  • 課題は「優先度のあるキューの実装」
  • Macbookキーバインドで躓くことが多々あったけど、そもそも僕がeclipse&javaの習熟度が浅いせいせいで、スピードが遅かったことも要因をとして大きかったから、環境の違いについてはそれほど問題ではなかったと思う
  • というか、わかりやすいところでMacbook&Mercurialを使って、コードを書く触れる機会を得られたり、設計の指針やコーディングの細かいtipsで教わるところが多く、TDD&ペアプロ体験タイムは得るものが多かった
  • 時間の制約がある場合は難しい部分もあるけど、こういう機会で個人の環境に触れることができるのは個人的にはとても良いと思う
  • 生産性を向上させたい場合は、環境は統一したほうがよいのは確か(クックパッドのように)
  • ともあれ、おつかれさまでした&ありがとうございました
  • たしかにペアプロ開始時点は大変緊張した><
  • コーディングに使用していないほうのPCでfreemindを起動して、マインドマップ上にこまごまとしたものを記述しようとしていた
  • メモとしての役割がメインだったけど、もっとうまく機能してくれそうだと思った。TDDやペアプロに特化したテンプレートとか作れそう
  • もっと機会を作ってペアプログラミングをやって、自分の中に取り込んでいきたいし、TDDもより習慣化したい
  • QA Testing エンジニア的としての感想がまとまらない。今回の経験を通して、他のQA Testing エンジニア向けの話と開発者向けのQA Testing な話が自分の中でまた収束しない
  • それぞれ別途まとめるのも宿題だと思った。今回はとりあえず、当日の感想を

終了後

  • monjudoh先生とデスマーチ、ゾンビ、破滅などの単語で盛り上がっているとonk先生が誘いこまれ、輪に加わった!
  • cactusman先生とパンデミック日本語版が大変待ち遠しいという意見で合意した
  • 予定があって、懇親会(本編)に行けなかったのは大変残念であり、噂によると、懇親会n次会ではドミニオンをやっていたという話で残念にもほどがあった。今度こそ参加したい