Thought in the brains of iron scrap

技術のこと以外を書くブログ

文章作法とか

ライトノベル新人賞の下読みが三点リーダーがどうとかいう話。

設計文書とかマニュアルみたいに機能性の優先度が高い文書に比べれば、創作は会話文と地の文が混在したらわかりにくいので会話は「」でマークアップするみたいな可読性のためのルールは少ないとどちらかというと思われます。

くだんの三点リーダーとかにしても慣例であって、読者が混乱しなかったら読点でも問題無いでしょう。

文章もお話や設定も技巧的とはお世辞でも言えないけれど本を買わない層から支持を得て大ヒットしたリアル鬼ごっこに拙いけれど新規のお客さんが面白いと思って買ってよんでくれる小説は巧い小説と同じくらい必要なのだと思います。

広告を非表示にする